MENU

江崎グリコのジージーを徹底解剖記事一覧

グリコのイチオシ成分「EPAグリコーゲン」の「自発保水」のメカニズムについて紹介しますね。まずEPAグリコーゲンが角層の奥深くまで浸透します。EPAグリコーゲンは、お肌の潤いのもとであるヒアルロン酸の作成を促します。これがグリコがここまで自信を持つに至った新しいアンチエイジングの方法なんです。そして、その結果として表皮のヒアルロン酸の量が増えます。増えるとどうなるかと言うと、角質層の水分が上昇して...

グリコ ジージーのエレジナローション、エレジナクリームVを製造した日本コルマーとはどんな会社なんでしょうか。エレジナローション/クリームの販売元は江崎グリコ、製造販売元は日本コルマーです。自社で工場や研究所を抱えているメーカーがOEMで他社に製造してもらうことは珍しいことではありません。小林製薬のケシミンも日本コルマーが製造販売元です。あとは歯磨き粉なんかも見かけますね。このように様々な大手企業の...

すでにジージーがここまで売れている訳を紹介しますね。まぁ、早い話が「若々しくありたいというエイジング世代が気になることを1つ1つアプローチし、解決していっている」と言うのが売れている理由なのですが。やはり、目元や口元が気になる!保湿をしてもすぐに乾燥する・・・。ハリがなく下がってきた・・・。みずみずしい、あの頃に戻りたい。そういう思いは年齢を重ねるとどうしても出ますよね。やはりお肌が乾いていると感...

ジージー エレジナ ローションとクリームの成分です。gg エレジナ ローション特徴やテクスチャとしては、とろみのあるテクスチャーが肌にやさしく広がり、角層のすみずみまで浸透し、もちもちと吸いつき、じんわりうるおい続け、やがて柔らかな肌に導くという化粧水です。容量は150ml、値段は税込み5250円です。そんなジージーエレジナローションの主な成分を紹介しますね。保湿成分・EAPグリコーゲン・12種類...

ジージー エレジナ ローションの使い方基本の使用方法1. まず洗顔後、手のひらに500円玉くらいの量をとります。2. 両手で少し温めてから、顔全体を包むようになじませます。3. 手のひらでそっと押さえながら、ゆっくり浸透させてくださいスペシャルパック1. 乾燥や毛穴が気になるときは、コットンにローションをたっぷり含ませて、額・両ほほ・鼻・あごの5か所にのせます。2. そして2〜3分後にコットンをと...

ジージー エレジナ ナイトジェルです。今回のモニターでも1個(1.2g)ついていました。これは寝る前に塗って、眠っている間にお肌をたっぷり潤すジェルです。1番下のものです。なぜ眠っている間に?お肌って、眠っている間に修復されるんですよ。眠り始めの3時間って、お肌を修復する成長ホルモンが集中的に分泌されるゴールデンタイムなんです。そのため、この時間にナイトジェルが大活躍するんです。そして、これはジェ...

「若いころと同じように使ってきた化粧品ではなんだか物足りない」そんな風に感じておられる方も多いのではないでしょうか?それは肌を健康に保つために必要としている成分のグリコーゲンが減少してしまっているからなんです。そのことが原因で肌はハリ不足や潤い不足になってしまっていたのです。だったら肌に足りないものは補ってあげるしかないんです。そんなグリコーゲンを配合した業界初の化粧品がグリコから発売されました。...

年を重ねるごとにいつしか肌の悩みはあれこれと増えてきていませんか?若いころには何の悩みもなく肌はいつもプリプリのモチモチでした。しかしいつの間にかしぼんでしまった肌は重力に負けて下へ下へと下がってしまってしまいがちです。あのころの様にハリのある肌を取り戻したい!誰もがそんな風に願っているのではないでしょうか?そんな肌悩みを抱えた人に江崎グリコから初のエイジング・スキンケア化粧品が出たのはもうご存知...

毎日の様に鏡を覗き込んでいるはずなのにいつの間にか出来てしまった目元や口元の小じわ。しっかりお手入れしているつもりでもじつはいつものお手入れだけではもう足りなくなってきてしまっているんです。しっかりと保湿をしていてもすぐまた乾燥してしまっていませんか?そんな人には江崎グリコggをお勧めします。年齢を重ねた肌はハリや潤いキメ、ツヤとどれもが不足してしまっています。そんな肌だからこそしかりとケアしてあ...

年齢を重ねると肌にはハリやツヤが無くなってきますよね。仕方がない事とあきらめていたのですが肌のハリやツヤ不足には肌の中にあるグリコーゲンの数に原因があったんです。グリコーゲンは牡蠣やエビなどに含まれている多糖類で人の体にはなくてはならない成分でもありまた健康な肌を保つためにはとても大切な成分でもあるんです。年々減少してしまうグリコーゲンですが、体内で作ることができない成分でもあるために積極的に取り...